FC2ブログ

記事一覧

常連さんになろう!!

テストで良い点数をとるために、少なくともテストに出る最低限の知識を「暗記する」ということが必要になってきますね。

でも、暗記しよう・暗記しようと思ってもなかなか記憶は定着しないもので、覚えよう・覚えようとするほど覚えられないのが、
この「暗記」というものです。



「暗記」の仕方にもいろいろな方法があるのですが、ここでは単純な記憶の定着方法について書いていきたいと思います。





みなさんは一度覚えた友達の名前は絶対に忘れないですよね。
友達の名前を覚えるというのも一つの「記憶」です。

勉強に関する「記憶」は難しいのに、なぜ友達の名前はおぼえられたのでしょうか?




これは実は単純に「回数」の問題です。

何度も何度も、毎日毎日その友達と関わってその友達の名前を呼んでいるからこそ、その友達の名前をしっかりと覚えていられるのです。

これは勉強も同じで、毎日毎日、何度も何度も、同じことを繰り返して覚えようとすれば間違いなくその知識を覚えられます。
要は努力して覚えようとしたかどうかということですね。


でも、「数」をこなせばいいのかといえば、実はそうではありません。


例えば、短期間(一週間)に100回同じことを繰り返しても、その時は完全に覚えられているかもしれませんが、
その後の復習をまったくしなかったとしたら、おそらく1年後にはほとんど忘れてしまっていると思います。

これは人間関係で置き換えるとよりわかりやすいのですが、
例えば一週間にめちゃくちゃ会って意気投合して名前もちゃんと覚えた人でも、その後二度と会うことがなく、名前を聞くこともなく時間がたてば、おそらく5年後には、はっきりとその人の名前を瞬時に思い出すことはかなり難しくなると思います。



そこで、みなさんが「暗記」を得意になるために実践してほしいこと。それは



一時的に何度も何度も来店するミーハー客ではなく、
常連になろう!!




ということです。



お店の人に顔や名前を覚えてもらうために毎日毎日店に通う必要はありません。

週に必ず1回とか、月に必ず1回とか、定期的に通えばいいのです。



それと同じで勉強も、毎日毎日闇雲に復習を行う必要はありません。
(中間・期末テスト等を短期記憶でその場しのぎで乗り越えたい時は別ですが…)


ある一定の決まった周期で同じことを繰り返せば、毎日何度も復習しなくても、より効率よく長期的な記憶を定着させることができるのです。



これは「エビングハウスの忘却曲線」という理論でも証明されているもので、


1回やったことを、次は「2日後
その次は「1週間後」、その次は「1か月後」、
その次は「2か月後」にそれぞれ同じことを繰り返し復習すれば、
ほぼ「100%」の状態で記憶を保持できるとされています。



同じ復習をするにしてもそのタイミングが重要だということですね。


中学生は次は大事な期末試験を控えていますが、本番までに「記憶の定着率」を確実に上げていきましょうね。



リトルステップ 塾担当 渡部岳(わたなべがく
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

学習塾リトルステップ

Author:学習塾リトルステップ
ブログへようこそ!

複合型学習塾としてオープン!!
塾部門は経験豊富な中・高教員経験者3名
ダンス部門はヒップホップ系インストラクター2名
2014年4月大田区南蒲田にて誕生した中学生学習塾のリトルステップが2019年2月大田区南六郷にて複合型学習塾としてリニューアルオープン致しました!
新たに小学生部門及びダンス部門を新設し、勉強・ダンスレッスンを含めた複合的教育を目指します。

『 小さな学校』を目指して勉強だけではなく 人間力 を磨き上げる全く新しい形の学習塾を展開します!


・小学生1年生~高校3年生までの学習塾


・幼児~高校生までのダンススクール



住所 大田区南六郷3-14-11 タケザワビル1階
学習塾 リトルステップ
ダンススクール リトルクーガーズ
番号 03-6715-8540

最新コメント